1453

『遠い叫び』

何の罪も無いはずなのに
何らかの罰を受けてる
時分で蒔いた種でもないのに
咲き乱れた花摘まされる

知らないことともいえないが
片棒かついだ覚えは無い
自由を高く買わされた気もするが
心まで安く売った覚えは無い

ヘイ ヘイ くたばって おさらばするまで
ヘイ ヘイ 誰の手にもかからない
遠い夜をうろついてる
知らないだろう永遠のならず者達を

ゆるせない仕打ちでもないが
癒せる傷でもあるまい
泣けそうな夜には女抱いて
このちんけな娑婆から高飛びさ

ヘイ ヘイ くたばって おさらばするまで
ヘイ ヘイ 誰の手にもかからない
遠い夜をうろついてる
知らないだろう永遠のならず者達を

何の罪も無いはずなのに
何らかの罰を受けてる
自由を高く買わされた気もするが
心まで安く売りとばす腹は無い . . . . . . .

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.